30代におすすめの転職法|徹底レポート

*

30代転職を成功させるためのアピール方法

af9980028196l

1. 相手のニーズをつかむ

 30代で転職をするためには、企業がどのような人材を求めているのか、30代の転職者に何を期待しているのかを十分に理解する必要があります。もちろん、業界や職種によっては細かい求人スペックは異なります。

 しかし、企業の30代転職者に期待することを意識して応募書類を記載して、面接を受けることは、客観的に自分についても見えてきますので、ぜひ意識するべきことです。

 当然、企業は業務の即戦力としての経験やスキルを求めますが、同時に組織を活性化させたり、将来的にチームリーダーとなれるようなマネジメントスキルを求めています。

2. 30代のための応募書類作り

 即戦力でありえると自分をアピールするためには、企業の採用担当の目に留まる応募書類を作成することから始めます。

 そこでまずは、履歴書と職務経歴書が企業に与える印象や役割を理解して作成します。具体的に履歴書は、応募者の基本的なプロフィールを知らせることです。どのような学歴で、どんな印象の人物かということを志望動機と写真で判断します。そのためには、手書きである必要はありませんが、丁寧にレイアウトされていることが基本です。

 また、職務経歴書は合否を決める重要な書類となります。そこで、経歴とその仕事に関わる具体的な業務内容、実績、プロジェクト経験、マネージメント経験など、どんな結果や成果を出して、役割を担ったのかをA4用紙1~2枚に収まるように時系列に整理して記載します。

3. 企業が求める人材を見極めてアピールしよう

 30代を採用したい企業は、現場の即戦力として活躍できる経験やスキルを持った人を採用します。さらに、リーダー経験やマネジメントスキルを磨くような機会があったかどうかなども求める傾向にあります。そして、企業で定着してくれる人であることも求めています。そのため、転職回数が多いと応募すらできない企業もあります。

そこで書類に通過するための自己アピールポイントは

  • 転職回数が多い場合には、相手が納得するような理由づけを記載する
  • 入社後に貢献できることや展望などを、熱意を込めて記載する
  • 企業が求める人材像をイメージして経歴をプラスアルファになるようにまとめる
まとめ

 30代を採用する企業の期待度は、年を追うごとに高くなります。そこで、30代で転職を考えている人は、企業に対して即戦力として自己アピールする必要があります。また、それだけでは不十分のため、調整力と入社後の展望や実現したいことなどもアピールしなければなりません。

 それは、企業にとっては、将来的に役立つ人間であることを証明することになります。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・30代転職者の支持率No.1の転職サイト!
・転職活動の効率を上げる会員限定機能あり
・スカウトのオファー数は多数

公開日:
最終更新日:2015/04/06