30代におすすめの転職法|徹底レポート

*

履歴書と職務経歴書の役割は

   

履歴書がない場合には

 30代はキャリアが問われるため履歴書よりも職務経歴書の方が重視される傾向にありますが、だからといって履歴書が不要というわけではありません。

 もし履歴書は出さずに職務経歴書だけを出したとなると、見る側としてはどのような仕事をしてきたかは分かります。

 しかし本人がどういうことを考えて企業に応募をしてきたのか、仕事以外の情報はどうなのか分からなくなってしまいます。更に連絡先が書いていないことになるため、選考に通しても連絡をどうすればいいか困ることになります。

 このように履歴書は仕事以外の面に関しての情報を相手に伝えるために必要な書類となっているのです。

職務経歴書がない場合には

 反対に履歴書だけを提出するとなればどうなるでしょうか。仕事経験がない就職においては職務経歴書がないのは仕方がないことであるためおかしいことではありませんが、転職となると職務経歴書がなければ本人がどういう能力を持っていて、どのような経験をしてきたか分かりません。

 履歴書でも職歴や資格・免許である程度情報を得ることは可能ですが、転職で戦力となる人間を雇用すると考えればそれだけでは不安になってしまうでしょう。職務経歴書は明確に仕事の経験を通じて本人のキャリアを伝えるためにある書類となっているのです。

【関連記事】 
30代が書く職務経歴書
30代の職務経歴書はどこが見られるのか

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

30代が書く職務経歴書

経歴を見せるかキャリアを見せるか  職務経歴書は自分の仕事の経験を書く書類ですが …

30代の職務経歴書はどこが見られるのか

貢献してくれる可能性があるか  30代はキャリアが見られる世代です。ということは …