30代におすすめの転職法|徹底レポート

*

30代でこの転職は失敗と感じたら

   

原因を対策を探ろう

 転職活動が実って、見事転職を果たした30代のすべてが、満足のいく結果を得ているわけではありません。中には、転職早々「これは失敗だった」と、感じている30代もいることでしょう。

 もし30代のあなたが、「この転職は失敗だった」と思っているなら、まずその原因を紙に書き出してみてください。聞いていた勤務条件と提示された内容が異なる、配属先が希望職種ではなかった、予想以上に残業が休日出勤が多いなど、理由はさまざまでしょうが、まずはそれを解決するために、会社側と話し合うことをおすすめします。

 基本的には、労働契約内容を書面で明示してもらい、雇用契約書を取り交わした時点で、企業とあなた双方の合意が済んでいるものとみなされます。その内容に大きな誤差が無い限り、リサーチ不足は自己責任です。

 まず、会社側と話し合い、双方が折り合う努力をしてみることが必要です。

再転職活動を始めるべきか

 会社側と話し合いをしたけれど、合意に至らず、退職を考えるひともいることでしょう。30代は転職市場でも人気が高いですが、転職先の在籍期間が短いと、書類選考が不利になるのは否定できません。

 それでも再度転職活動を行うのか、現職で様子を見るのかは、雇用形態と期間によるので、冷静な判断が必要です。試用期間中であれば、双方が合意しなかったという大義名分がたちますし、会社側と話し合った後であれば、それを応募書類に書いたり、面接で説明することで、相手を納得させることはできるはずです。

 感情に任せて退職するのではなく、自分にとってプラスに働くように、しっかり見極めることが大事です。また、次の会社で同じことを繰り返さないように、企業をしっかりチェックしましょう。

【関連記事】
退職のためにする作業
転職先に入社した際の挨拶はどうこなすべきか
30代で途中入社した場合の行動について

 - 退職・入社準備

  関連記事

転職先に入社した際の挨拶はどうこなすべきか

挨拶で伝えるべきこと  入社したとなればまずは企業の社員達に向けて挨拶をする必要 …

af0100024756l[1]
有給を消化してから辞めたいなら計画を立てよう

退社目前に有給を消化するのは難しい?  転職先が決まって退社準備に入ろうかという …

退職のためにする作業

何をする必要があるか  退職が決まれば退職日までに必要なことを済ませる必要があり …

30代で途中入社した場合の行動について

環境に慣れることをしよう  30代の場合だと転職を繰り返していない限りは前の職場 …