30代におすすめの転職法|徹底レポート

*

30代が書く職務経歴書

   

経歴を見せるかキャリアを見せるか

 職務経歴書は自分の仕事の経験を書く書類ですが、書き方の形式としてしてきた仕事の経歴を重視して書くものと自分のキャリアの内容を重視して書くものがあります。

 どちらがいいかはここまでしてきた自分の仕事の内容と応募する企業によっても変わってきます。自分のしてきた仕事の内容について分析し、応募する企業の職種や仕事の内容も確認して選びましょう。

 書く場合には経歴の場合にはどの仕事内容を大きく印象付けるか、キャリアの場合にはどのキャリアを大きく印象付けるかを考える必要があります。

どう構成をするか

 職務経歴書は履歴書に比べると枠で書くものが決まっておらず、自分で構成を考えて書いていかなければなりません。

 基本的にパソコンを利用して書くことになるため文字の間隔等は問題がありませんが、改行と段落を上手くしないと内容が無駄に詰まってしまって、多く書いても見辛くなってしまって見ないで捨てられてしまう可能性があります。構成を作るにおいてはどうすれば見やすく、伝わりやすくなるかを考えることが大事です。

 自分で確認するだけでなく、他の人にも見てもらった方が客観的な意見がもらえてより完成度を高くすることができるでしょう。

【関連記事】 
30代の職務経歴書はどこが見られるのか
履歴書と職務経歴書の役割は

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

履歴書と職務経歴書の役割は

履歴書がない場合には  30代はキャリアが問われるため履歴書よりも職務経歴書の方 …

30代の職務経歴書はどこが見られるのか

貢献してくれる可能性があるか  30代はキャリアが見られる世代です。ということは …