30代におすすめの転職法|徹底レポート

*

30代の転職成功率が変わる5つのステップ

 とても良い時期に転職を決意しました。まだ決意とはいかないまでも、転職の流れと、30代がベストタイミングであることを知れば、転職へと弾みがつくかもしれません。

 その背中を押せるかもしれないポイント、これをまとめておいたのでチェックしておいてください。
 

転職準備は便利なツールを活用

 転職への決意、これが固まれば準備はほぼ万端。あとは流れを知って計画を立て、それに沿って動いていくだけ。

 求人を探す前に自己分析・業界動向調査・キャリア確認などは必須作業となりますが、ネットなどを使うことでこれらは意外と楽にできてしまいます。準備段階にもこうしたツールは活用しましょう。

【参考記事】
30代が転職のためにする自己分析
30代の転職における市場価値は
在職中に転職活動をする場合には
休職しているけど転職活動はじめていいですか?
 

ネットの求人媒体はとことん活用

 求人情報収集にももちろんネット媒体などは大活躍。特にエージェントは30代の転職者のためにあるようなもの。

 ただ登録して求人を眺めるだけではなく、スカウト機能をフル活用したり、積極的に非公開求人を紹介してもらうよう働きかけましょう。

【参考記事】
30代が使う求人の媒体は
30代で求人を見るならどこを見ていけばいいか
30代とブラック企業

 

応募書類は過去の経験と未来への希望が大事

 どうしてこのタイミングなのか、どのようなことを身につけたのか、それをどのように発揮できるのかを、履歴書と職務経歴書には連ねていきます。

 過去を振り返りつつも、未来を見据えた動機やキャリアのアピールが書ければ問題ありません。

【参考記事】 
30代が書く職務経歴書
30代の職務経歴書はどこが見られるのか
履歴書と職務経歴書の役割は

協調性と個性の両方のアピールが大事

 今の30代は見た目も若々しく、マナー等もしっかりとできると思います。問題があるとすれば、他の人との差別化を図れるかどうか。

 模範通りの回答や逆質問に終始しない方が、面接官の印象には残りやすくなります。協調性はあるけれども個性もある、それを表現してみましょう。
 

【参考記事】
30代は転職でどんな質問が出てくるのか
面接に挑む際の服装について
30代の面接におけるやってはいけないことは

納得いく退職が出来るための準備が大事

 30代であれば強い引き止めにも遭うかもしれません。ここでちゃんと理由や事情、そして転職への堅い決意を語れるかどうかです。

 無理に退職するのではなく、納得してもらうことが大事。入社に際しても勢いで入るより、入念な予習や準備をしておいた方が何かと安心です。

【参考記事】
退職のためにする作業
転職先に入社した際の挨拶はどうこなすべきか
30代で途中入社した場合の行動について
30代でこの転職は失敗と感じたら

 

公開日:
最終更新日:2015/09/15